2018 / 06
≪ 2018 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2018 / 07 ≫

大阪のおじちゃんは、おばちゃんと地道に散髪屋さんを営んでいましたが、ある日、街で自転車にひかれたことから人生が一変…

病院に寝たきりになってしまったのです。


自転車を決して甘く見てはなりません…






私も予期せぬ事に遭遇、ちょっと落ち込んでいます…


先日の夜、京成上野駅にて改札に近い階段で、ディレクターガード役の私が転んでしまいました。


まさか!?の出来事、正直とても怖かった…

このまま天に召されるのかとも…


幸い後ろ頭も打たず、かすり傷一つありませんでした…

“父ちゃんありがとう!!"



少し先を歩いてたディレクターが慌てて戻ってきますが、なすすべはありません。

私を抱き起こす力などないのですから…


「私の事はかまわず先に行って!!
間に合わなくなるから!!」

なんだか私が書いた【カルーソ】の詞みたいだな…
という心の余裕あり…



恥ずかしいのは、亀がひっくり返ったみたいで起きようにも起き上がれないこと…

手足の筋力がこんなにも衰えている事を思い知らされました。

「大丈夫ですか?」

とお声かけて下さったお嬢さん、なんて美しい!!
世の中には本当に美しい人がいるものです。
女神様にお会いした気がしました。

「大丈夫です!!
ありがとうございます!!」

見栄をはった後、不思議な力が加わり立ち上がれました。

“お嬢さんに幸あれ"





何でもないような事ですが、今考えるとぞっとします。

打ちどころが悪ければどうなっていたか…


以後すこぶる慎重になっています。





食べる事にも慎重です。

以前は買い物といえば近くのコンビニだけですませていましたが、最近は野菜くだものたっぷりのスーパーマーケットまで…

盛り沢山のトマトにスイカに桃、母さんの大好きなメロンのオンパレード…

“わぁ~母ちゃんに一式送ってやりたい!!"

と思うのですが、ダメなんです…


年寄りには荷物の受け取りほど大変な事はないのです。

耳が遠くてスムーズに受け取るのは至難の業、配達員さんのピンポンも電話も聞こえなくて、郵便受けに不在連絡票が残っており、それに連絡してさらに待たなければならず、何も仕事が手につかなかったと、まあ機嫌の悪いこと悪いこと…


先日時間指定なしに、母さんにも内緒でいちかばちか赤福と奈良漬けを送ったら、神のご加護かスッと母の手に渡り、大変ラッキーでした。

母は赤福と奈良漬けに目がないものですからねぇ…
さすがにその時ばかりは叱られずにすみました。



スイカもメロンも桃も大好物なのでちょっぴり悩んじゃったりするわけで…


まあやめとこう…

送った途端恐怖にさいなまれるなんて合わないよ…




家族にも皆さんにも申し訳ないけど、一式買っちゃいました。

トマトに桃にスイカにハウスみかんまで…重いのでりんごは一つだけ…

どれから食べようかなって気が狂いそう…


このブログを綴ってるこの携帯に、しかも果物の事を書いてる時間帯に、偶然にも業者さんから電話が入りました。
なんとファンの方から明日さくらんぼが届くそうです。

贅沢なジューシーな日曜日です♪

誠にありがとうございます!!





しかしいつからこんなに果物好きになったのか?




実家にいる時は、母さんがフレンチトーストにりんご添えてもバタートーストにトマト添えても、後で食べると言っては残してましたものね…


この歳になって果物の美味しさに目覚めるなんて、私もホント奥手というか、わけわかりません…


トマトなんてむしろキライだったのに、今現在なくては生きていけない…


他の果物は諸々食べたい時間帯というのがありますが、トマトというのは四六時中身体が受け付けます。

喉が、魂が全開で欲しているのです。

あんまり意気投合してる今日このごろ、この不思議な相棒についてちょっと調べてみました。


ギリシャのことわざで
《トマトが赤くなれば医者が青くなる》と。

朝一杯のトマトジュースかトマト一個で血糖値が安定。

イタリアの癌研究所で、一週間に2個トマトを食べる人よりも、7つ食べる人の方が、癌になる確率がかなり低いとの報告。


頼もしい味方だね
o(^-^)o



2018.6.23(土)11:00pm

18日の朝、微かな揺れを感じましたが、大阪にての地震だったのですね…


震災は忘れた頃にやってくる…

束の間の安らぎでした。

いつ何があるかわかりません…

気を引き締めていかなくては…


犠牲者、被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。





大阪には私の親戚もあります。

今は亡き母の弟(大阪のおじちゃん)の奥様と息子さん…

どうかご無事で!!



今年の3月下旬、大阪から実家に足を運んで下さった西田富男さん…


父の葬儀以来ですから12年ぶりですか…


それ以前に、私が名古屋でグランプリ受賞の際の大イベント、大阪梅田コマ劇場に、元気だったおじちゃんおばちゃんと富男さん、私の両親と妹も合流でした。


それから何年か経ての富山県高岡文化ホール出演にも、おばちゃんと足を運んで下さいました。




聞けば、先日3/21春分の日に57歳の誕生日を迎えられた富男さん、その直後の我が家訪問、今思えば春を運んで下さったのですね…


あの日の母と妹、本当に楽しそうでした。


食事先に向かう妹の車の中で、携帯での母と妹と富男さんの会話に参加、至福のひとときでした。

「富男さんに変わるよ!!」

ハイテンションの母の声…


大阪弁ならではのスピーディーで快活で明るいお話の中には、苦しい実態も含まれていました。

皆さんの周りでも決して少なくない身を削られるような問題…


介護に疲れ果てて、心ならずも家族を施設に預けなければならない…


施設に委ねたら、心身ともに楽になって仕事に集中できるようになったという富男さんの現状、深々と受け止めています。



2018.6.20(水)2:00pm

想像だにしない家族のおもてなしにかえって疲れちゃった人もいるでしょう…

思いがけないプレゼントに戸惑った人も…



逆に、完全に忘れられて落ち込んでおられる方も…

まあ気にすることはありません。
おそらく殆どの方がそうだと思われます。


家族ってね、何にも言わなくてもお父さん大好きですから…

照れくさくてあえて冷たい態度で接するだけで、本当は物凄く愛してるんだから…
ハグしたいくらい…






少しご無沙汰してしまいました…


疲れが尾を引いてる感じで強烈に眠いです…


心地良い眠りを持続させてくれる涼しさに感謝…

一昨日は涼し過ぎではありましたが、私にはさほど影響ありませんでした…



連日ベランダとおかっての風に包まれて日々体力回復しております。




ただ、作って食べて洗って買い出しに行って…

の繰り返しで疲れているだけ…



自分一人の最低限の面倒にこれだけエネルギーを消耗するのです…

世の中の皆々様に頭が下がります…



以前に比べて、台所に立ってる時間が長いですが、まな板の上の真っ赤な真ん丸トマトを切りながらいただく幸せ…

果汁たっぷりの桃の皮を剥きながらそのままかじっちゃう贅沢三昧…


生きる喜びとはこんなとこにもあるんですね…



冷蔵庫の中はいつの間にか結構洒落たアキコズバーになっており…


緑茶・麦茶・牛乳・ アイスコーヒー・オレンジジュース・グレープフルーツジュース・りんごジュース・アイスティー・カルピス・ヨーグルト・100パーセントスイカジュースまで加わり…


心身ともにリフレッシュできるようまあそれなりにね…


グラスに氷を入れて、飲みたい時に飲みたいものを少しずつ飲むのです。


昨日はまた母と妹から盛り沢山の食材が届き、中に1日分のビタミンオレンジ味(缶入り)がたくさん入っており、冷蔵庫の飲み物がガバッと増えました。

まさにオレンジジュース、これなら毎日美味しくいただけちゃう、ありがたやありがたや!!



いろんな飲み物の中で緑茶というのは閉めというか、甘さがない分スッキリシャッキリします。

ほんの一滴の緑茶が物凄く貴重に思える時があります。








「梅雨に入ったのですかね?」

とお尋ねしたエルムの日は大雨雷雨でした。

大変な状況の中、本当によくお出かけ下さいました。


その日のお客様、皆さん大雨稲光の中を帰って行かれ、何とも後味の悪いかぎり…

命懸けの応援、忘れはしません。


松崎ご夫妻、坪井さん、石野さん、川本さん、林さん、一平さん、西川さん、この日の事は絶対忘れません。



当日の曲目♪
シェルブールの雨傘
悲しみのベニス
愛の砂漠
古いパリの岸辺に
アマポーラ

懐かしき恋人の歌
愛のくらし
愛はかぎりなく
ボンボヤージュ



外は嵐ですが、中はあったかい楽園でした。


ムスタキのイメージ漂う理知的な川本さんもご機嫌麗しく、アダモの笑顔とスタイルを彷彿させる林さんもお元気そうにエルム特製カレーを召し上がっていて…


大柄な坪井さんと石野さんが肩並べて座って下さってると、嵐の怖さなど忘れます。


松崎ご夫妻の神懸かり的なパワーにも守られて、なに?この安堵感…

ご夫妻が召し上がってたお洒落なピンクの飲み物美味しそうだったな~

お二人それぞれ華やかなグラスを片手に(それだけで幸福感が漂うというか、とにかく可愛いんです)、ご主人が一口飲まれると奥様も一口…

店長&シェフの鹿島さん、センスいいからなぁ…

ハートがこもってるから、私がいただく紅茶もたまらぬ美味しさです。


そして…
やっぱり来てくれた!!
西川さんこのところずっと!!


西川さんの横には親友の一平さん♪

男の友情っていいな…
興味津々の超素敵な笑顔で一心に私の話を聞いて下さるお二人…
誠に話し甲斐があります。



この日の後半、嵐の中を岡山加代子さんが駆けつけてステージを聴いて下さったり、終演後、大変久し振りに綾音さん(加藤先生のお嬢さん)もお元気なお顔を見せて下さいました。


どんな状況だろうが元気はつらつの上野さん(レジ&トータルマネージャー)、いつもながら至れり尽くせりのエルムシスターズ(宮入さん・真路さん・芹沢さん)の皆さん、ピアニストの若山さんも家族みたいに優しく接して下さり、幸せ空間でいささか甘え過ぎの奥田ちゃんでした。



宮入さんの手配でいつも時間通りにお迎えのタクシーもこの日ばかりは…


綾音さんが大雨の中飛び込んでタクシーを拾って下さいました。


私だけ後ろ髪引かれる思いでタクシーに乗り込みましたが、あの後、皆さんご無事で帰宅されたのかどうか…

本当にご苦労様でした。
m(__)mm(__)m


2018.6.18(月)9:30am

日が経つのが速いのなんの…


エルム終わってバタンキューと果てて目覚めたらもうエルムですか!?


天国ならぬ竜宮城へ行って帰った気分ですぜ…


その間一切テレビも見ず(静寂に浸りたかった)…


なので悲しいニュースとか情報を知る事もなし、ストレスを避けるのが一番の回復策だと思うので…


皆さんには申し訳ないけど自分の為にだけ過ごさせていただきました。



母も
「昼はたっぷり寝るがいい」
と、このところ電話は夜一回だけ。

働き者の母とはまるで違った生き物であることを母も悟ったみたい…


母と会話中の背後に聞こえる世にも可愛いサンボの声…

その平穏が私にとって何よりの薬です。

「サンボや、姉ちゃんよ、ニャンゆうてみんちゃい…

言わんのん?

言わんのと、口をしっかり閉めとるよ…」

“可愛げのないやっちゃ…"




さてこの老女、明日歌姫に化けられるか?



つい先日の夜のこと、最寄りのすき家で鰻丼を堪能、客は向こうのカウンターにおとなしげな男性だけ、一人よりは落ち着きます。

ところが…

飛んで火にいる夏の虫じゃないけど、突如落ち着かない虫が入って来たでな…


かなり酔っ払って目はうつろ、フラフラしながらカウンター席に背中を向けて座る…

スタッフもいささかおびえ気味…


“そろそろずらかろう"

と腰を上げた瞬間、コホンと咳が出てしまった…

ヤバい!!
その酔っ払いがこちらを振り向く…

“怖い怖い…目を合わさないようにしよう"


「大丈夫か婆さん!?」


“気に入んね~な~!!"

怖さは一気に吹っ飛んだ。


自分ではそう思っていても、まともにババア呼ばわりされちゃかなりのショックでして…


お会計しようとしたら、
「払ってやるよ」
だって…

“そんなに哀れに見える?"


完全無視して退散。


若かりし頃の谷隼人を彷彿させるようないい男だったけどね…
悪い奴ではなさそう…



2018.6.7(木)3:30pm

☆6月8日(金)

ピアノ:若山しのぶ

\4,500


●午後7時オープン
●ステージ
第1部(7:30~)
第2部(8:30~)
※各40分入替なし

●ご予約・お問合せ
カフェ・コンセール・エルム
〒464-0856
名古屋市千種区吹上2-4-5

TEL052-733-0085
FAX052-733-9498


2018.6.1(金)3:00am
<< 06
2018
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30