FC2ブログ
2020 / 09
≪ 2020 / 08 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2020 / 10 ≫

オギャーと生まれて
(私の場合、泣かずに生まれたの…
看護婦さんが両足首持って逆さ宙吊りにして背中叩いたらやっと声をあげたと…
最初から世話のやける問題児だよ、一般とはワンテンポずれてるんだよね現在に至るまで…)
この方、誕生日とクリスマスは特別の日だった、家族でケーキとご馳走を囲んでお祝いするのがならわしだったのさ…


なので、誕生日っていうとなんとなく落ち着かない、何もない平凡な日に終わらせたくないって気負っちゃう、思い出の日にしたいけど何していいかわかんない…

周りの誰かがおめでとうって言ってくれるのをそれとなく待ってる自分が卑しいしみじめっぽいし、誰も気にしてくれなければもっとみじめ、誕生日なんか大嫌いって思うことない?
私だけか…



家族からのお祝いが届かない年はなかったなぁ…
ダンボール箱を開けながら涙したものよ…



私にもロマンがなかったわけじゃないけれど、誕生日に関してはいい思い出がないわ…


当時仕事上の交流もあって頻繁に会ってた年下の男性、私の誕生日に渋谷のデパート内カフェで打ち合わせしたにもかかわらず、おめでとうの一言もない(誕生日はよく知ってるはず)もんだから私から言ったのよ、今日が誕生日だって…

きれいに忘れてたみたいでさすがに焦り顔…

「ごめん…
うっかりしてたよ…
これからハンドバッグ売り場へ行こう、君が選んでくれ、気に入ったのがあったらプレゼントするよ、いくら高くてもいいよ!!」

おっ!!いいとこあるじゃん!!
それでこそ男だよ!!

ちょっぴり機嫌がなおった奥田ちゃん、別にプレゼントが欲しくて言ったわけじゃない、ほんの少しの真心が欲しかっただけ…

でもせっかくだからお言葉に甘えて本気でバッグを選んだわ、子供のようにうきうきしながらね…


「これに決めた!!
一万円もするけど大丈夫?」

次の瞬間の彼の言葉ときたら…
もう唖然(∵)
目が点になったわ…
耳を疑ったわ…

「悪いんだけど今だけお金たてかえといてくれないかな、後で必ず返すから…」


それから何日たってもお金が戻ることはなかった…

結局私、自分で自分のプレゼントを買ったのよ…

お金の問題じゃなくて彼のいい加減さがイヤになって距離を置いたわ…

考えようによれば彼の本性を早めに見抜けて幸いだったと思ってる…


これなんか序の口、ブルーな話は盛り沢山よ、話し出したらきりがない…

ジャズの師匠マーサ三宅さんいわく、
「歌手なんてね、あまり幸せじゃない方がいい歌うたえるのよ、元気出しなさい!!」


自分自身を元気づけようと丸いバースデーケーキ(1ホール)を買ってひとりで食べたことも…

誰に遠慮がいるものか、大好きなケーキを独り占めして食らいつけるのだから願ってもないことなのに、なんだか哀れというかこっけいに思えてきてね…
味気ないケーキだった、お金を捨てるようなもんだ…



大切な一日が虚しく終わってしまうことにたまりかねて、気がつけばシャンパーニュ(新宿のマンション最寄りのシャンソニエ)に足が向いてた…

シャンパーニュ、そこは私が初めてマイクを握った、つまりシャンソン歌手としてスタートしたデビューのお店です。

オーナーのムッシュ矢田部は名訳詞家兼歌手、エンターテイナーと言った方がピッタリくるかな…
個性豊かでコメディアン的な明るい性格は、多くの客の心をわしづかみにしていました。

そんなムッシュのもとで10年以上学ばせていただきました。

私のリサイタル('89銀座博品館劇場)のプログラムにムッシュが寄せて下さった言葉です。

《シャンソン人形

可愛らしいお嬢さんが、静かな闘志を燃やしてシャンソンの道に足を踏み入れたのは、もう何年前のことだろう。
多くの老若男女の恋の対象になりながら、眼もくれず、ひたすら歌に励んできました。
見かけによらず喧嘩っ早いのに、私のきつ〜い一言には何故か刃向かいませんでしたね。

彼女が歌う、恋のそして人生の歓び、そのひたむきな姿勢が私は大好きです。
願わくば、うるおいが、抱きしめるいたわりが、今の歌に加われば、どんなに多くの人々のなぐさめになるでしょう。

「人形の家」を捨てたノラのその後は誰も知りません。
出来るだけ人形の家に留まることを殆どの男性が望むのに、多くの女性が人形の衣装を何故ぬぎ捨てるのか、これは殿方の永遠の謎でしょう。

矢田部道一》


フラっとシャンパーニュに遊びに行っても、いつだって大歓迎してくれるムッシュに救われていたのは私だけではないでしょう…

「奥田晶子ちゃんが来てくれました!!
今日が誕生日だって?
誕生日にひとりなんて寂しい女ね〜ガハハハハ!!」

って客席の笑いをとりながら、心から笑える楽しい歌を歌ってくれたムッシュ…

懐かしいなぁ…

今でも時々夢で再会します…


※ムッシュ(矢田部道一)訳詞のシャンソン並べてみますね…

【再会奥田晶子】
【貴婦人奥田晶子】
【逢いびき奥田晶子】
【リヨン駅奥田晶子】
【王様の牢屋奥田晶子】
【すでに奥田晶子】
【アマポーラ奥田晶子】
【夢物語奥田晶子】

でGoogle検索して下さい。
YouTubeでお聴きいただけます。




後に私がバースデーコンサートをするようになったわけは何でしょう?

ズバリ、誕生日の寂しさにこりたから(^^;



昨今また寂しさが戻りつつあるわ…

今年は状況が状況だけに余計にね…

正直、誰も気にしてくれないんじゃないかって不安だったわ、もう私のことなんて忘れられて当然なんだけど、予期せぬ入魂のお祝いメッセージと真心プレゼントに感無量です…


ディレクター、松崎さん、川本さん、矢野さん、松本さん、伸子さん、中澤さん、改めて感謝です!!
家族にも!!

そしてこのブログをこよなく愛して下さるあなたの応援も肌で感じております。

おかげさまで64歳出足快調です…



2020.9.22(火)

《奥田晶子 様
お誕生日おめでとうございます!

毎回ブログで奥田さんの様子を知ることができ安心しています。

新宿のギャラリーに行く時は新宿
3丁目周辺を歩いていますが、ミノトールでのライブを懐かしく思い出しています。
こんな状況下で写真撮影にも行けず友人とも会えず、籠もっている日が多くなったので脳と足腰の劣化が心配ですが、いつか奥田さんの生歌が聴ける日を念じて頑張りたいと思います。  
お元気で過ごされますように!
           S. Yano.》


ついに64歳突入…

歳を隠したがる人もいますが、わたしゃオープンだよ、言っちゃった方が気が楽だもんよ…

若ぶるのって疲れるわ、もうありのまま生きる、こびをうらない背伸びもしない、こんな私でも見捨てずに気にかけて下さる人がいる…


ありがとね矢野さん(^_^)/
元気で何よりです!!

いつもライブを心待ちにして下さり、決まったらいの一番に申し込んで下さった…

「矢野さんは本物の奥田ファンだ、ありがたいねぇ」
何度聞いたことか、ディレクターのこの言葉を…




寝不足(サンボがベッタリだからしょうがない、癒やしてもらう方が大きいからね…
辛いのは、明け方すうっと寝入った途端、お腹すいたって起こされること、でもこのおかげでゴミ出しも間に合ったし文句は言えない)でボワ〜っとしてるところにピンポーン!!

佐川急便、続いてクロネコヤマト…

予期せぬプレゼントが続々と!!


何も期待しない時、欲張らない時に良いことがあるって本当ね…


松崎さん、入魂のお手紙とサプライズプレゼント、本当に本当にありがとうございました!!

キヨちゃん、真心ティーセット感謝です!!



私が動き出した暁には皆さん内閣みたいなものだわ、私の活動に不可欠、そしてその日を今か今かと待ち望んで下さってる、ありがたいじゃないですか…




活気づいて家族へのランチ作りに燃えましたでござ〜い…
ナポリタンとペペロンチーノ、クラムチャウダーにジャガバター、玉ねぎのスライスにスモークサーモン、それにレモンを添えて、それからラスク状に焼いたフランスパンにクリームチーズ(フィラデルフィア)を乗せてホットコーヒーもね、ちょっとしたイタリアンじゃない?

母さんが外出したがらないもんで(私にはわからないけど弁膜症ってかなりしんどいかも、母さんを見てると…)ちょっとでも気分転換になればってなもんよ…


夜は妹が全身全霊でお祝いしてくれて(すき焼きとバースデーケーキ)、母ちゃんも昨日とは打って変わってご機嫌麗しく(高齢と病気もあって喜怒哀楽が激しくてね、それに振り回されて喜んだり落ち込んだり打ちのめされたり、まだまだ未熟もんだよわたしゃ…)優しくて泣いたりもして(あきちゃん誕生日おめでとう、昨日はごめんねって泣くんだよ…)、ウルウル(T-T)きちゃったわよ…


涼しいし快適だし恵まれたバースデーだったと思います。
おかげさまで…




2020.9.19(土)

サンボよ、おまえの温もりがありがたい季節になったよ…


お腹ポカポカ気持ちいいけど最近重くなったんとちゃう?

ちと苦しいよ、もち〜と太ももあたりまでズレてくれんかのう…

逆流性食道炎になりそうだ…


2020.9.18(金)

《愛する時》

作詞作曲:レオ・フェレ
訳詞:奥田晶子


胸がときめく時に
愛し合おう この秋こそ
穏やかな木漏れ日の中で
重なり合って
心ひとつに 心ひとつに

ふたりの世界は金色に染まり
秋風やさしく鐘を鳴らす
木の葉が舞い降りる ふたりの上に
愛を祝うベールのように
コサージュのように


冷たい朝もやの中で
愛し合おう この冬には
木枯らしが吹きすさんでも
寒くはない
ふたりでいれば ふたりでいれば

やがて静かに雪が降り積もる
白い吐息と香りたつコーヒー
クリスマスの後のもみの木をくべる
暖炉の炎が描き出すのは
愛のロマンス


大地が目覚める時に
愛し合おう 心ゆくまで
緑のじゅうたん敷きつめて
抱き合おう 抱き合おう

恋に芽生えた若草たちが
そよ風と歌う 春の歌を
幸せの歌を 希望に胸を弾ませながら
悲しみもなく 何事もなく


浜辺に青い波が
戯れる夏に 愛し合おう
移りゆく季節の中で
美しい思い出を
刻みこもう 刻みこもう



※奥田晶子シャンソンアルバム
【愛する時】に収録のタイトル曲です。
全国の主要レコード店でお求めいただけますので何とぞよろしくお願い申し上げます。



2020.9.17(木)

人には見ろ見ろっていいながら自分では全く見る気がしなくてね…

YouTubeの話…


過去に見た(アップ時には入念に吟味した画像ばかりなので恥ずかしいものはないと自負しています)記憶を頼ってるだけなの、その画像があるかどうか携帯でGoogle検索できる(残念ながらYouTubeには繋がらないの、らくらくホンだからかな…)もんで…


ここ最近よ、そこそこにパソコン(昨年エディオンで一番安いのゲット)扱えるようになって(苦労したわよ、叩き壊したくなる!!って度々ヒステリー起こしてたディレクターの気持ちがよ〜くわかったわ…)、恐る恐る画像と対面したのは…


やっと歌手奥田晶子と向き合う気分になったというか…

なんとなく活力戻ってきたかも…



YouTubeのユの字も知らない母ちゃんに見せたら
「これあんた?
あんたのようにない…
今は見る影もない…」

なんて神経を逆なでするような事を言うもんだから、もう見せたくなくなったよ(..)



暫く歌手奥田晶子を遠ざけてみて、真っ白な状態で客観的に対面したわけですが、自分でも驚くほど完成度が高いものもあれば、イマイチだな〜ってのもありますよ、でも自分で言うのもなんですが、その時その時の力を最大限に振り絞ってるのは確か、熱きファンの皆様に囲まれ、ハートフルなミュージシャンに支えられ、苦楽を共にしてくれるスタッフの尽力あってこそ発奮できたことと、改めて感謝申し上げます。




2020.9.17(木)
<< 09
2020
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -